新築住宅をお考えのお客様へ・・・

~はじめに~

新築(注文住宅)をお考えの皆さま方へ。
弊社ではお客様の大切な家づくりに於いて・・・ある決め事をさせていただいています。

それは、、、

 

「とりあえずざっくりの見積りください」

「とりあえずこんなプラン描いてよ」

 

申し訳ありません。上記のような、

「とりあえずのご依頼」はお断りしています。

 

こんな不躾なことをいきなりお伝えするのには当然理由があります。

 

私たち羽山工務店は、あるこだわりがあります。
当たり前のことかもしれませんが

 

お客様から、
住まいに対する何の思い入れも聞かず、
そもそも新築の必要性も聞かず、
御予算やライフスタイル、ライフプランを聞かず、

「とりあえずプランを描いてみましょう。」
「とりあえず見積をしてみましょう。」

という「とりあえずの」ご依頼やご提案は、お客様の人生の大きな買い物である、マイホーム購入に対して無責任だと私たちは考えています。

 

また、そんな形でいざ多くの時間を割いてプランを描き、お見積をお出ししても、“ダメですね…”となるよりは、お会いした時点できちんと話をさせて頂くことで、ハヤコウだけではなく、お客様ご自身の貴重な時間を無駄に過ごさせてしまうことを避けることができます。

なので、他社比較の中での
“とりあえずのプラン、見積り”はご遠慮いただければ幸いです。

ですが、、、
「実際家なんて建てたことないし、わからない何から聞けばいいかわからないから、『プラン』『見積り』って聞いちゃうんだよね・・・」

そんな皆さまも多数いらっしゃると思います。

そういったお悩みの方々に向けて、まずはこのページ。そして社長挨拶及び弊社のホームページを隅々まで見て頂けるとうれしいです。
特にブログ【マラソン社長のマジメな話】では弊社の考え方が詰まった内容となっていますので是非とも読み進めてみてください。

そちらを読み進めていく中で「ハヤコウっていいな」「一度相談してみたいな」という住まいに対する思いが共感される方は是非ともご一報ください。

心をこめてご対応、ご相談にのらせていただきます。

 

ちなみに先にお伝えしておきます。
家を建てる上で一番気になると言っても過言でもない“価格について”です。

このホームページをご覧の方の中には、既に予算が決まっている方もいらっしゃると思います。よく言う“坪単価”という言葉は、“売り手側の表現”によってバラバラです。

【例えば】
■建物本体の価格:2,300万
■建物本体含めた総工費:2,700万
■延床面積:35坪
■工事面積:40坪
※土地代は含まれていません

※【建物本体含めた総工費】とは、建物本体の価格+オプション・追加工事+屋外給排水工事、浄化槽工事、外構、照明、エアコン、地盤補強、諸経費などすべての費用を指します。

※【工事面積】とは、延床面積+外構工事+バルコニー+テラスなどまで含めます。

 

とすると、坪単価の表現の仕方は・・・

 

① 2,700万(建物本体含めた総工費)/35坪(延床面積)=77万/坪

② 2,300万(建物本体のみ価格)  /40坪(工事面積)=58万/坪

この2種類となった場合、当然②のほうが安く見えます。が、最終的にかかってくる金額は①②ともに同じなのです。実際に建てる皆様方としては、面積や価格をどこまで入れて考えるかで、ご相談する会社は大きく変わってくるのです。

ちなみに、弊社の価格帯はおおよそですが、以下のようになります。

 

建物本体価格:2,000万~2,300万
建物本体含めた総工費:2,300万~2,800万

※土地代は含まれていません

「なんとか“本体含めた総工費”を27坪ぐらいで1,500万以下に抑えたい!」という方には弊社では施工が難しい場合がございますので、ご了承ください。

この価格を見て、「高い!」と感じる方も「まぁそんなものだよね」と感じる方も千差万別だと思います。

ですが、過去の新築のオーナー様から頂いた言葉を使わせていただくと、

 

「羽山工務店で建てたけど、安くはなかったよね。でも高くもないんだよ。“適正価格”っていうのかな。施工内容、提案、最終的な建てた後の満足度を含めて、これ以上もこれ以下もでもない価格なんだよね。だから高いも、安いもないよ。(笑)」

 

言いえて妙。とはこのことで、まさにその通りでした。

なので、仮にご相談を頂いたとしても、

お客様から「羽山さんところでは、建てないかな。今日はありがとう」もしくは、弊社側から「残念ながらご縁はありませんでしたが、良い家を建ててください」という結果で円満にお別れする形も大いにあるのです。要は「この先話を進めても、時間がもったいないですね」とお互いに認識するかたちです。

 こういったやり取りは、従来の工務店、住宅会社、売り手側からすると考えられないかたちかもしれません。また、“羽山工務店の新築の営業”という点では、あっという間の“撃沈”となるわけです。

ですが、何の思い入れ、必要性もなく、

「とりあえずプランを描いてみましょう。」
「とりあえず見積をしてみましょう。」
そういった安易なご提案で、お客様の大切な時間を潰すわけにはいかないのです。

ここまで読み進めて頂きありがとうございました。

それでも「ハヤコウの話を聞いてみたい」というありがたいお客様(笑)

是非とも家づくりのご希望、想い、相談事をお聞かせください。

 

真摯にお話をお聞かせいただきます。
そしてご家族が考える理想の家づくりのお手伝いをさせて頂ければ嬉しいです。

有限会社 羽山工務店

代表取締役 羽山 昭彦

«トップページに戻る