家族の困ったを解決リフォーム

■家族の困ったを解決リフォーム

① リフォームに伴うストレスを最小限に抑える努力

リフォームはお客さまがお住まいになられたまま
工事を行うことがほとんどです。

また、ご近所さまへの気遣いも大切ですよね。ですから羽山工務店では、お客さまの不安やストレスを軽減するために以下のようなことを行っています。

~羽山工務店リフォーム心得~

・短期間の工事でもご近所への挨拶まわりをさせていただきます。

・【かたづけの日】の設定
(リフォーム前に部屋の片付けをして頂く日を設け、お客様に片付けをお願いしています)


・養生(保護)シートで住まいを汚さないように、家具の移動等も出来る限り丁寧にいたします。


・工事後の掃除も、丁寧に清掃させていただきます。


・長年の付き合いのある協力業者さん、信頼できる方しか(お客さま宅へ)伺いません。

以上のように、羽山工務店では大前提として
「お客さまの家におじゃましている」
「お仕事をいただいている」という謙虚さ
を、スタッフ、協力業者一同、常に持ちながら住まいづくりを行っています。

また、羽山工務店では半年に一度、
協力業者さんに集まっていただき
【協力業者会】を行っています。

協力業者会とは、羽山工務店の家づくりに協力していただいている関連業者さんと、羽山工務店が一緒に住まいについて、お客さまへの接し方について、新しい技術的・法的なこと、について真剣に話し合い羽山工務店の家づくりをより良くしようという会です。※なかには懇親会が

業者会の実際の様子は コチラをクリック

 

② 長年の経験に裏打ちされたリフォーム

羽山工務店スタッフは大工出身の会長、専務、現場監督の山田をはじめ、経験豊富なスタッフがいます。

長年の経験から、後の生活の事を考た上で、お客さまの理想とすり合わせて住まいづくりのアドバイスさせていただいています。
もちろんお客さまに言われたことしかやらないということは一切ありません。

何がベストで、何が現実的なのか、使いやすさは?費用は?“住まいのお医者さん”のつもりで丁寧にご説明させていただきます。

その他、テーブルのがたつき、扉の調整、網戸、障子は一枚からご相談いただけます。

リフォーム工事の際、気になる点、疑問点等があればお気軽にご相談ください。


耐震(診断)について

羽山工務店では耐震診断(一般診断)も承っています。
一般診断とは、非破壊による調査で分かる範囲の情報で判断する耐震診断法です。

【日本木造住宅耐震補強事業者協同組合】の耐震技術認定者講習会(耐震設計施工技術者研修会)にて取得。(※阪神・淡路大震災を風化させてはならない!を合言葉に、住宅建築に携わる者に対して、耐震診断・耐震補強等、住まいの安全性を高める技術・手法の指導・普及を行い、お客さまの住宅の安全性(耐震性)向上に寄与することを目的として発足しました。)

banner01

・羽山工務店には一般耐震診断の資格者が2名社内にいます。


■現地調査の流れ

耐震診断でもっとも重要なのが現地調査です。
ここでは、一般的な診断の流れをご紹介します。

①現地事前調査 ②現地周辺調査 ③建物外周調査 ④基礎部の調査 ⑤室内の調査 ⑥小屋裏の調査 ⑦床下の調査 ⑧現状説明 ⑨診断結果報告書の説明

精密耐震診断法を行うには、建物を解体して調査をしなければ判断できない箇所が多数あります。破壊調査は現実的に難しく、非破壊調査で、一定の精度を確保できる一般診断法を協会では基本としております。

というように羽山工務店では耐震診断を行っていますので、お気軽にご連絡ください。

リフォーム、耐震、住まいのお悩みについて
ご相談がある方は ⇒
【コチラをクリック】

↓↓新築・注文住宅にご興味ある方は下記ページをご覧下さい↓↓

«トップページに戻る