代表取締役  羽山 昭彦 (はやま あきひこ)

「羽山工務店が無くなったら困る!」
地域でそう言われる会社にしたいですね。

[所属・役職] 代表取締役
[名 前]羽山 昭彦
    (はやま あきひこ)
[誕生日]1974年1月8日
[星 座]やぎ座
[血液型]B型
[出 身]東京都立川市
[入社年月日]2007.1.1
[資格・特技]
宅地建物取引主任者
二級建築士
損保(普通)
矢沢永吉のモノマネ
[趣味・休日の過ごし方]
マラソン(東京マラソンに応募したら、たまたま当選してしまったのがキッカケです。)
子供とスーパー銭湯に行く、
コンサート鑑賞(矢沢永吉さんのコンサートは毎年行ってます)

■ 仕事内容を教えてください。

お客さまの所を回ったり、現場段取り、現場片づけ、お掃除、時にはなんちゃって大工、
パソコンでの事務作業、感謝祭やバスツアー等の各種イベントの企画をやっています。

 

■ この会社(業界)に入った理由はなんですか?
そもそも羽山工務店に入る気は全くなかったんです。
というのも、小さい頃から父の仕事を見ていたけど、大工さんになりたいとは一切思ったことがなくて…
誇りには思ってましたけどね。…高い所が苦手だったんです。(苦笑)
だから乗り物が大好きな事もあって、小さい頃の夢は運転手さんでした。(笑)

高校の時に放送部に入部したんですが、それがすごく楽しくて音響の仕事がしたいと思ったんです。
それで高校を卒業した後に2年間音響のアルバイトをして、その後音響会社に就職しました。
アルバイト時代、自分の周りの同僚達は1日、2日で辞めてしまう人がほとんどだったんですけど、
自分は2年アルバイトを続けたし、業界も知っているし、全然平気だろうと思っていたのですが、結局1ヵ月で辞める事になりまして…

それで見習いとして実家の大工になったんです。
もう当時は、嫌で嫌でしょうがなかったですね、大工も嫌だし、ガンコ親父も嫌だ!って。
常に親父とは喧嘩してました。
「帰れ!」って言われて2回くらい本当に帰ったこともありました。(笑)
そんなこともあったんで自分の未熟さも含めて、2年で辞めてしまったんです。

でも家に関する仕事からは離れられませんでした。
その後、就職した会社では不動産会社の営業マンとして賃貸に5年、売買仲介に6年かな?
10年以上のキャリアを積んだんだけど…。結局ノルマなんですよね。
売り終わったお客さんところには行くなって言われたこともあり・・・
要はフォローなんて必要ないと。もちろんそれぞれ会社の考え方はあるけど…
それって自分自身の考え方ではなかったんですよね。

【やっぱりお客さんと一生付き合えるような家を建てたい、納得して買ってもらいたい】
そんな想いもあって、社長に相談しました。
すろと会長が「ウチでやればいい」と言ってくれました。
そこで羽山工務店でもう一度やろうと決断しましたね。
そういった想いがあるっていうのは、どこかで会長の背中を見てたのかもしれないですね。
あんまり言いたくないけど。(苦笑)

結果、やってよかったですね。お客さんと関わるのはやはり楽しいです。
仕事を通して「面白い!」と思ったし、手応えもありました。
■ 「この仕事をやってて良かった」 と思う瞬間は?

いっぱいあるんですよね…。いっぱいありすぎますね。
うーん…(しばらく考え込む)
やっぱりお客さまに感謝の言葉を言われた時ですかね。
あるお客さまは、ハウスメーカーで家を建てる事がもう90%ほぼ決まっていたんですよ。
でも、そんな時に羽山工務店と出会いまして…。最終的に弊社で家を建ててもらうことになったんですが、
その時お客さまには「逆転満塁サヨナラホームランだね」って言われました。最高の言葉ですね。(笑)

あと他にも「どうして羽山工務店で家を建てようと決断してくれたのですか?」
とお客さまに聞いたことがあって…「ブログを毎日更新するマメさがあれば、マメに家造りをしてくれると思った。」
とも言われた事がありますね。どちらもとても嬉しかったです。

あともう一つ…80歳のOBのご夫婦が夏祭りに息子さんを連れて来てくれまして、
「この先も、羽山さんにお世話になる事になるから、挨拶に来ました」と言われた事もありますね。
そういう時は感謝の気持ちでいっぱいになります。

それと社内での話なんですけど。

会長が泣いた時だね。
会長は昔、引き渡し式に反対してたんですよ。で、引渡し式の良さを理解してもらう為に、
会長自身のの新居の引越しの時、内緒で準備をして、「この時間にメーカーさんが家見たいから来るから」って
伝えておいて、そこに業者さん集めておいて、会長が家に入ったら式が用意されているっていう。
会長と経理部長へ対する【サプライズ引渡し式】をしました。そういう感動の共有が出来るのが良いですよね、
お客さまとも、協力業者さんとも、損得抜きの協力関係が築けていることですね。

■ 今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

入社当時は、自分が旗を振ってイベントとか色々な事を企画しても、誰も付いて来てくれなかった時期もあったんです。
その時は大変でしたね、全部一人でやっていたので。
でも弟が最終的には率先して手伝ってくれるようになりましたね。「まずはやってみようよ。
駄目だったら、変えていけばいいだけだから。」と言ってくれて。
今は弟だけではなく、羽山工務店全体で現場の清掃や整理整頓の徹底もやってくれます。まだまだ目標はもっときれいな現場ですが・・・
また引渡式などの準備は、経理部長、画伯が率先してやってもらってるのですごく助かってます。

■ 社内で 「これをやらせたら右に出るものはいない」 ということはなんですか?

お客さまと会っている回数と時間ですね。当たり前なんですけどね。

あとはそうですね…会社に居る時間(笑)
会社が居心地がいいんでしょうね。

それと、引き渡し式用のDVDをパソコンで作れるのは僕しかいないですね。

もう一つは泣くスピード。
感動するのが早すぎて、周りが誰も泣けなくなるっていうことがあります。(笑)

■今後、仕事(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

「羽山工務店が無くなったら困る!」
地域でそう言われる会社にする事ですね。
もちろん社長の意思を引き継いで。

プライベートでは、避暑地の別荘地でセカンドライフを楽しむとかいいですよね。
軽井沢とか良いかも。コンサートに行ったり、旅行に行ったりのんびり過ごしてみたいです。
☆昭彦さんが、会長を紹介

1. 職場での関係は?(上司・同僚・部下)お世話になってる?してあげてる?

なってる。
・経験を元にわからない現場の事は教えてくれる。
・苦手な積算を短時間でやってくれるので助かる。
・若い僕らにはない安心感、信頼感を与えてくれる。

している。
・アナログな部分をデジタルでカバーしている。
・お客様との会話の中で、脱線してしまったり、質問と違うことを答えたりすると、修正しています。
(会長自身は気づいていないかも・・・)
2. おすすめコメント&おすすめポイント

野菜作り、漬物作りは仕事より一生懸命?
声が小さいので聞き取れないときは遠慮なく「もう一度?」と聞いてください。
酒を飲むと大きな声でよくしゃべりますが、日本酒を飲みすぎると…
要注意です(笑)

«トップページに戻る