専務取締役 羽山 孝平 (はやま こうへい)

腕も大切だけど、お客さんとのコミュニケーションが
一番大事だと思います。

[所属・役職] 専務取締役
[名前] 羽山 孝平(はやま こうへい)
[誕生日] 1977年3月17日
[星座] うお座
[血液型] O型
[出身] 東京都立川市
[入社年月日] 1995.
[資格・特技] 2級建築士、
[趣味・休日の過ごし方] 子どもと遊ぶ、DVD観賞、スノーボード(10年に1回)、野球観戦(西武ファンです。秋山選手(元ソフトバンク監督)が好きでポスターを貼ってましたね)

■ 仕事内容を教えてください。
大工仕事、雑仕事、点検、整備、監督、事務(見積り・請求)急ぎの時は何でもやれるだけやる。

■ この会社(業界)に入った理由はなんですか?

当然、親の影響はありましたよ。
背中を見てというか…この仕事の就くのが当たり前っていう認識はありました。

小さい頃、母と弟と一緒に社長がいる現場へお茶か何かを持って行ったんですよ。ちょうど棟上げの時ですね。知らない人ばかりの中で父親に声をかけると「おぉー!」って手を挙げてくれたんですね。その時、丁度高い所にいて、逆光だったんですごくカッコよく見えたのを覚えていますね。

高校では建築課を出て、卒業後に羽山工務店に見習いとして入りました。やっぱり見習い当時は大変でした。描いていた夢というか、ギャップというか…「大工さんってもうちょっとエライんじゃないの…」って(笑)

■ 「この仕事をやってて良かった」 と思う瞬間は?

10年位前ですね。はじめて一棟を作り終えたときは嬉しかったです。
やりがいありますよ。

そうだ、思い出した…その時の施主さん。
まだ小さいお子さんがいらっしゃる奥さんが、ベビーカーを押しながら現場の脇でビデオカメラ回してるんですよ。すっげぇ緊張しましたね。(笑) そういう思い出も含めつつ完成した時は「やったぞ!」っていう達成感がありましたね。

今は、なんでもやりながらですね。現場の監督やりながら見積りして…だから結局お客さまと最初から最後までのお付き合いになるわけですよね。全てが終わった時にお客さまからやってよかったって言われると一番嬉しいですよね。

見習い当時は出来ることが少ないから、単純作業になっちゃうんですけど、仕事を覚えて楽しくなってくると、お客さまからの信用も得られますし、うれしいです。

■ 今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

どうしてもお客さまからの問い合わせを納める係にもあたるんで、色々勉強はさせていただきましたね。

気をつけてることで言えば…誰でもどんな仕事でもあるとは思うんですが「細かいことだから聞かなくてもいいかな?」とか「聞いてないけど大丈夫だろう」って判断しちゃうと
お客さんの意に沿わない形になることがあったりするので、そこは気を付けてますね。

それはもう良かれと思う事でもそう。コミュニケーションをしっかりとっていかないと良い家は出来ません。腕も大切だけど、お客さんとの関わり、コミュニケーションが一番大事だと思います。

■ 社内で 「これをやらせたら右に出るものはいない」 ということはなんですか?

朝は一番早いんじゃないのかな。子どもにたたき起こされますからね。(笑)
でも現場が遠い時はもっと早かったりします。
あと、家族の中では一番スノボはうまいかな?

■今後、仕事(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

2人で羽山工務店を、会長からしっかり継いでいきたいですね。
目標になりますけど、地域で一番信頼される工務店になりたい。っていうことですね。

あとは…空を飛んでみたいですね。(笑)
ハンググライダーとかもやってみたいと思ってるんですよ。 あ、空といえば、マカオでバンジージャンプしようとしたんですけど飛べなかったですね。こわいとかではなくて「えっ?そんなに料金高いの?」って。(笑)

まぁ実際こういう仕事で、普段高い所から落ちないようにしてるから、怖くなくても身体が言う事聞かず、飛べないかもしれませんね。(笑)

☆孝平さんが、栗田さんを紹介

1. 職場での関係は?(上司・同僚・部下)お世話になってる?してあげてる?

女性目線でのアドバイスをくれます。
忙しい時は事務もお願いしています。
年が近いので話しやすいです。
(子育てに関しては先輩なので教えてもらったりしています。)

2. おすすめコメント&おすすめポイント
絵がうまい。字もうまい。交友関係が広い(ママ友が多い)
人付き合いが良い。飲むと面白い、長い。
よく笑う。
頭が良い⇒難しい内容も分かりやすくPOP(展示物)などを作る。

 

 

 

«トップページに戻る